春治さんと大震災

2週間ぶりのろうけん訪問。
春治さんはダイニングのテーブルに座り、うつらうつら。
今回の東日本大震災の状況を耳元で大きな声で伝えるも、反応悪し。
4歳の時、関東大震災に襲われた春治さんは、いつも地震には素早い反応と家族の退避を先導したのに。

介護士さんによれば、入所の高齢者の皆さんは激震に対して、アルツ進度の高い人たちの2階フロアーは、全く動ぜず、3階のアルツの軽い人たちは大騒ぎだったという。春治さんは、揺れなど我関せずだったとか。

ただ、福島原発の破壊を伝えた時に春治さんは、「放射能? そりゃ大変だ」と小さい目を大きく見開いて呟いたのだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中