春治さん変化

昨日、ろうけん宮前から携帯に留守電メッセージ。「きのうから立ち居振る舞いの様子に変化がありました。近く、詳しく説明の機会を」と。
で、今日施設を訪れドクターから聴く。
その内容は、「脳のCTで海馬のシワが4ケ月前より少なくなっているほかは、異常はない。脳血栓などの異常などではない。ということは、アルツハイマーが一段進んで深刻になったということ。数日前から耳元で大きな声で話しても、それへの反応がない。薬で元気にさせることは出来るが、却って転倒などして寝たきりになる可能性が高くなる。自然に任せるか、一つの岐路で、判断が難しい」と。

昼食時で、当の春治さんは流動食の最中。一週間前は固形物の常食だったのに、齢をとるというのはこういうこと。一瞬にガタッと来るのだ。悲しい現実は認めなければならない。耐えなければならない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中