「奇縁まんだら」

瀬戸内寂聴著、日本経済新聞社
 
久し振りに文壇の香りをからだ一杯に味わった。
 
がここでは、その中で横尾忠則が描いている挿画をピックアップしてみる。
 

        佐藤春夫                 川端康成                  宇野千代                  水上勉

 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中