夏フェスタ2017

CIMG1493 CIMG1492

今日は、家族と一緒に楽しむ夏のフェスティバル。雨が降らないで良かったです。

介護士さん、調理士さん、事務員さん、運転手さんなど施設の皆さんも総出のイベント。

中庭には、綿あめ、ヨーヨー釣り、射的、かき氷など屋台も出て賑やかです。勿論、ビールをはじめ各種飲み物も。

CIMG1501 CIMG1496

スズエさんは廊下の机で、待っていました。

CIMG1498 CIMG1502

今日は特別のお弁当、鰻が入っていました。家族は、同じものを1000円で買って食べます。飲み物は缶類のお茶やジュースが100円。スズエさんは、完食です。さらに、脇の家族の鴨肉までたいらげました。

CIMG1504 CIMG1510

食後は席を変えてライブを楽しむ。出演の二組は、地元のボランティア。1時間のステージでうんと盛り上げて戴きました。有難うございました。ご苦労さまでした。

スズエさん、実は耳が殆ど聞こえません。でもずっと椅子に座って眺めていました。果たして、大昔歌っていた「銀座カンカン娘」を楽しめたのかな。でも普段と違う一日、それなりに過ごせたと思います。

 

 

 

 

広告

少し瘠せたかな?

あれから20日経ってしまいました。

スズエさん、この日は「足が痛い」と何度も訴えてきました、痛い個所を摩りながら。

差し入れは、クッキー。

いつも違う靴を履いているのは、どういうことでしょう。他の人のを勝手に履いているんだ。困ったねえ。

CIMG1435  CIMG1436

こちらは秀子さん。久し振りにツーショット。「この人は妹」だって、娘なのに。

CIMG1441

お暑うございます

3週間ぶりの再開です。この日は、今年初めての猛暑日。スズエさんは、冬物を纏っていました。そう言えば館内は結構冷房が効いているようです。目立つ髭を剃って上げて一口羊羹を食べて。隣の人に「私の兄です。こちらがその奥さん」と紹介してくれました。

CIMG1324

同じ施設の2階に居住する秀子さん。会うといつも「今度諏訪においで、爺さんが一緒に飲もう、と楽しみに待ってるから」と親指と人差し指でつくった円を口に運びお酒を飲むジェスチャーをする。写真が大嫌い。やっとこれだけ撮れました。

CIMG1325

今日は・・・

半年ぶりのペース・メーカーのチェックです。

予約の時間は2時半、診察は3時半。検査は10分間。

%ef%bd%bd%ef%bd%bd%ef%be%9e%ef%bd%b4%e7%97%85%e9%99%a22      %ef%bd%bd%ef%bd%bd%ef%be%9e%ef%bd%b4%e7%97%85%e9%99%a21

2日前、寒くない格好をして出てくるように何度も何度も言い聞かせたのに、ホームの時と同じ洋服。

狭い診察室にペース・メーカーの製造元らしき関係者が4人、看護師さんが4人、事務の方が

1人、それにドクター。幾つものパソコンに目をやって、暫く数字や針の振りなどをチェックして終わる。

ドクターは「異常ありません。順調です。電池はあと3年半大丈夫です」と。次回は8月1日。

 

だいぶ耳が遠くなりました

今年初めてのショットです。

先月はホーム内でインフルエザが蔓延し、2週間に渡り面談お断り。本人は罹らなかったようだがご用心ご用心と言う次第。

これまで何回となく補聴器を利用してきたが、失くしてしまう。何処に置いたのか、落としたのか、しまったのか、チンプンカンプン。そうしょっちゅう買えるものでもなし、暫く様子見。そしたら大分耳が遠くなりました。

ひがなダイニングでは、無音でテレビを眺めてます。あんなに活発だったのに。

スズエさん、89歳

スズエさん89歳

8月12日が誕生日。先週は施設の冷房設備が故障して、6日間にわたって、スタッフの皆さんが、対応策でてんやわんやだったとか。頼む方は必至でも頼まれた機械設備会社は、休みを理由にお断り。緊急で持ち込まれた巨大送風機で急場を凌ばざるを得なかった。ご苦労さまでした。

で、今週は平常。3日遅れの誕生祝に、帽子とひまわり(造花)を贈りました。食べているのは、徳島のデコポン。「美味しい」というよりも、「酸っぱい」という顔かしら。

平成28年新春の老母二人

昨年末の日曜日から一週間目。いつものローテーションで施設を訪れる。

正月だから「帰りたい」の連発を覚悟をしていたが、杞憂に終わりホッとする。

秀子さんは歩行のリハビリ中。テンションが高い。どうしたのだろう。自分の娘を、「これ私の二つ下の妹」と紹介してくれる。

DSCN3094

一階下のフロアーのスズエさんは、他の入居者とともに居たホールから、「(自分の)部屋に行こう」と。持参した缶コーヒーとリンゴを「美味しい」と。入れ歯が上手く嵌らず、ポリグリップの搾りだしに躍起。

帰り道でファーマシーに寄り、そのポリグリップと車内のティッシュ・ペーパーをUターンして、施設に届けたのだった。

DSCN3098

年明けの出張のあと、10日日曜日にまた来よう。

定期検査の日

かきおの丘

(特養の新しい飾り付け)

この日は脚の手術から1年目。術後2回目の検査。特養から車で10分。

レントゲン撮って、診断を受けて、「順調な経過、最高」と先生から言われてご機嫌。

帰りの迎えの車がくる間、売店で珈琲を飲む。

151120スズエ

住み心地はどうですか?

老健の「ベルサンテ」から特養の「かきおの丘」に移って10日。

新しい環境に慣れたのか馴染めないのか、まあ気がかりではあったが、特段のことはなかったようで一安心。

柿を1/4、美味しそうに食べた。「これウチの柿?」だって。覚えていたんだ。嬉しいね。

   「ウチの柿?」

「残念ながら今年は出来なかった。来年は一杯成るからね」と話す。

散髪をお願いしていたのに、本人が嫌がっているとかで伸びたまま。好きなようにさせるしかないか。

米寿

スズエさんの認知症が進み、認知棟のある老健施設への引越しを打診され、車で10分先のベルサンテに移ったのは7月31日。それから3週間。

DSCN1850

近年、介護施設が急増し、それに関わるスタッフの雇用が追いつかない。スズエさんの場合も、自我を通したり盗癖があったりを指摘され、認知が進んだから認知専門の施設でということになったのだった。面倒をみる手が無いので放り出されたと思えなくもない。

身の回りを纏められて身支度をされて、本人は帰宅出来ると喜んでいたろうに、またぞろ「病室」入り。涙を流して「帰りたい」「一週間居たらまたここへ帰って来るから」と。胸塞がる思い。申し訳ない。

米寿を祝って、出張先で求めた神戸プリンを差し入れ。「うんと甘くて美味しい」と。